Solar System Project Company 緑を光とともに 株式会社a-Rise
HOME >  当社の特徴  > お客様の不安解消!

宣言

  • いつからでしょうか?当然のように電力供給されると思ってしまったのは・・・。
    いつからでしょうか?「豊さ中心の欲求・心の満足」になってしまったのは・・・。
    その結果、日本は原油・枯渇エネルギー消費大国となってしまいました。

この度の震災により、被害を受けられた皆様、並びにご親族の皆様にお見舞いを申し上げます。弊社では震災以前より日本赤十字社へ売上げの一部を寄付して参りました。今後も引き続き少しでも皆様のお役に立てます様、支援を続けてまいります。

太陽光発電システム 販売会社状況

  • 太陽光発電システムは導入にあたり、製造しているメーカーが直接販売するのではなく、メーカーと「販売委託取引」をしている(販売代理店・特約店・FC店など)の一次店や、一次店から卸してもらい販売する二次店、さらに二次店から卸してもらい販売する三次店、などが販売を行っております。「会社概要」に「取引」と表記されているのであれば、メーカーとの直接取引会社。「取り扱い」と表記されているのは、メーカーと「販売委託取引」を直接していない販売会社です。

  • ★太陽光発電・オール電化システム 販売現状

    新築の場合以外は殆ど、「訪問宣伝・電話宣伝」からキッカケが生まれ、そのままその業者から導入、または「展示・店舗」や「インターネット・チラシ広告」の観覧から業者を自宅に招くといった流れで、元々興味・関心があったにせよ、説明を聞きそれからシステム導入するのが主流です。

不安解消!その1

  • 無料の話には乗らない

    お客様がもっとも危険なのが営業の話を「鵜呑み」にする事です。

    ★モニター話

    「お客様の家は日当たりも良く、目立ちますから宣伝効果にもなりますのでぜひ、当社の無料キャンペーンの話を聞いて下さい。」
    「近く、こちらの地域に支店・店舗を出しますので限定5件のモニターを探しています。モニターキャンペーンの話を聞いて下さい。」など・・・。
    これが一番危ないケースで、“タダ”は有り得ません!「聞く耳もたず」です。

不安解消!その2

  • 訪問販売は怖くない

    販売各社の宣伝方法は様々(訪問・電話・店舗・展示場・インターネット)ありますが、基本的にお客様宅にての契約は訪問販売となります。訪問販売は、ちょっと法律を知っておくことで何にも怖いことはありません!

    ★特定商取引法(旧訪問販売法)対象
    以下の行為は法律で禁止されており、期間に係わらず、契約を撤回することができます。
    ※勧誘時に虚偽の事実を告げること(不実告知) 
      (支払いが発生するにもかかわらず全て無料・モニターなど)
    ※消費者にとって不利な事実があっても、わざと言わない(事実不告知)
    ※脅迫・強引に契約を迫ること(威迫・困惑)
    ※「帰る」「帰れ」と意思表示したにもかかわらず契約するまで帰さない・帰らないこと(不退去・退去妨害)
    ※クーリングオフ適応期間・対象にも関わらず「妨害」すること


    尚、訪問販売・電話勧誘販売で申込をした場合、上記の行為に係わらず、8日間(書面を受領した日を含む)は、書面により無条件撤回(クーリングオフ)ができます。

    ★特定商取引法適応外
    お客様自らが呼び出し、もしくは店舗・展示場・インターネット通販等で契約を交わすと「適応外」になる事がございます。
    例)店舗・展示場・インターネット・チラシ広告などでのケース
    広告の価格で出来るのだったらいいよ。」
    「ここ(他社)の価格より安いならいいよ。」
    ネットで見たんだけど、この価格だったらいいよ。」 など
    「店舗・展示場」で商談・成約=「お客様の意思でその場所に行った。」 
    ⇒ 特定商取引法(旧訪問販売法)対象では無くなる可能性が!?


    購入するのは、どんな場合でも「お客様の意思」法律上決め手です。
    食べ物でも「まずかったから、払わない」では、「無銭飲食」となります。

    現在、《直接訪問販売》からのご購入は少なくなってきました。
    逆にお客様が「チラシ広告・インターネット集客業社」などの「激安広告」に惑わされ、「来場・呼び出し」をしてしまい「トラブル」になった、と言うケースが増えております。

    ★重要 「改正特定商取引法」施行(平成21年12月1日~)
    《これ以降に設立・業種転換した販売会社は、この法を知らない会社が多い》

    「太陽光発電・オール電化システム」や「自然エネルギー関連商品」の話を聞く事は、お客様が未来情報を得るチャンスです。
    店舗・訪問販売問わず、遊び感覚で「トクショホウ知ってる?」と聞いてみてください。
    知らなそうであれば「危ない」のでその会社の話は「聞かない」ほうがいいかもしれません。
    話を(聞くか・聞かないか)の判断はそれで大丈夫です。

不安解消!その3

  • メーカーに聞く

    現代の世の中は、「マスメディア」によって物品の「売れる・売れない」が左右されると言っても過言では無いと思います。太陽光発電システムは「システム(意味=制度。組織。体系。系統)」であり、物品販売とは違い、国からの設備許可が必要な環境設備機器です。それを「信用」と捉えて「契約」をしてしまい、後で「契約・設置のトラブルに巻き込まれない為」に初めにやって頂きたい事。

  • ★メーカーがその会社を知らない?

    最近の「Eco」ブームに乗ろうと販売会社が乱立しております。この件に関してあまり多くは語れませんが、たとえその会社が大きくても、メーカーがその会社のことを知らないこともあります。「自社施工/施工ID取得」会社でも知らない?《「メーカー施工ID」販売取引とは違います。》どう思われますか・・・?

    お客様が、契約後・設置後にメーカーに問い合わせると「その件に関し、弊社とその会社は取引をしておりませんし、知りません。話し合って下さい。」等、よくある話です。

    ★重要 :
    販売・施工管理は基本、直近の卸元です。
    メーカー直接販売取引=メーカー基本管理
    卸会社販売取引=卸会社基本管理

    太陽光発電システムは現在このような販売形態ですので、いくら「安心です」と(営業会社・自社施工販売会社・大手流通会社など)色々謳っていても、メーカーが「知らない会社のことは相談にのらない」となったら困りますよね。

    ※メーカーのカタログの後ろに記載されている地域支店やホームページへアクセスし、ご成約する前に聞く事が大事です。