Solar System Project Company 緑を光とともに 株式会社a-Rise
HOME >  太陽光発電とは  > 導入はなぜ今なのか?

もう頼らない原子力発電 

  • 2011年3月11日の「東日本大震災」を期に原子力発電の安全神話は崩れました。
    電力不足が懸念される現在「買う時代から創る時代へ」のシフトチェンジを、我々国民が考えなければいけません。

大事なポイント

  • 【現状】
    ■日本のエネルギー・化石燃料等は、ほぼ輸入
    ■2006年以降すべての原料、原油、穀物類は全世界で値上げ
    ■円が高いから、すべてにおいての値上げが少なく見える
    ■円が強いから国内では企業努力で値引きや安くできる
    【今後】
    ■国内での買い物は一気に値上げ
    ■国内中小企業はもっと厳しくなる
    ■国内エネルギー価格はもっと高くなることでしょう。

導入はなぜ今なのか?

  • 太陽光発電システムの買い時は?? それは今です!!

    太陽光発電システムの導入価格は、あらゆる企業努力、販売努力により下がっています。
    そして、数年前のシステムよりさらに品質や発電効率も向上しています。

    では、もう少し待った方がいいんじゃないか・・・。 いいえ、それは違います!!

    太陽光発電の余剰電力買取単価も年々下がっております。
    さらに地方自治体の補助金も減少傾向にあります。(国の補助金はH25年度で終了いたしました。)
    また、導入を先延ばしにするということは、その間、節約できるはずの光熱費を支払い続けていることになります。

    価格も下がり、かつ高値での買取をしてもらえる 今! 
    導入を検討してみてはいかがでしょうか?